ケベックシティー最終日

JUGEMテーマ:カナダ

ケベックシティー最終日

朝からシタデル(要寒)へ

この中をガイド付きで案内してもらうツアーに1時間16ドルで参加

 

始め、勝手に中に入り写真を撮っていたら係の人に話かけられ!

英語で説明されても多分わからないと思い、

ガイドツアーはいらないなぁ〜と思っていたのでフリーで観たかったのですが

それは出来ないらしいのでw気をつけてくださいw

 

ツアー参加前にパレードが夏の間は毎朝あって

それを知らなかったのでちょっとしか見れず(><)

これは無料で観れます。

 

 シタデルにある博物館はかつて刑務所で勲章、火薬庫や大砲もおいてあった。

詳しい事は私の英語力ではわかりませんでした(><)写真で雰囲気を♪

 

この日は天気がイマイチだったのが残念

 

とても見ごたえのある要寒でしたぁ♪

 

その後お昼を食べに♪

 

有名はアップルパイを食べに☆

すごく混んでいて、店員さんの対応がものすごく悪かったのが印象的(><)

アップルパイはめちゃ甘いので(海外という感じw)甘いのが好きな人向き☆

 

そしてまた街をふらふらしてみた!

今度はホテルの中へ

ついでにトイレを借りようとしたら鍵がかかっていて入れなかったので注意を

 

素敵なロビーで流石だなぁと思った(*^^*)いつかは海外でこんなホテルに泊まりたい!!

 

ホテルから出るとまた大道芸をやっていたり♪

 

 

 

教会の中に入ってみたり

大きな壁に絵がかいてあるのを発見☆

インスタ映えスポットw

 

 

教会が図書館になっていたり

 

 

ドミトリー近くの教会!ここの前で浮浪者が溜まっていて怖かった(^^;)

そしていよいよ出発

モントリオールへ

 

席も隣がなく快適な3時間♪つづく〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケベックinカナダ 2

JUGEMテーマ:カナダ

ケベック旅行の続き☆

これが「うさぎの肉」!!

味は鳥の肉に似ていて美味しかった♪

夜の街をふらふら

昼間とはまた違って綺麗♪

大道芸もやっていた☆

夏の町中はにぎわっていていい☆

青い旗は州の旗

泊まる宿に帰る途中、明日はもうモントリオールに移動な為

列車「VIA鉄道」の駅を確認してから帰った♪

そんなに大きくなく迷わず行けそうで安心した☆

中はこんな感じ

泊まったドミトリーは女性6人部屋

バックパック一つでカナダを旅行している若い子と少しお話をしたり♪

カナダのドミトリーはとりあえず平和

朝ごはんもつくし♪

一泊3000円から5000円くらい

この後、サンフランシスコのドミトリーは安いのを選びすぎて・・・失敗した。

その話は後ほど☆



期間限定☆無料メールマガジン

自遊の女神への道☆ 今すぐ無料で登録♪



ケベックinカナダ

JUGEMテーマ:カナダ

 

モントリオールから飛行機でモントリオール、モントリオールで乗換ケベックへ

上からみたモントリオールはプール付きの家がいっぱいあって羨ましかったw

とても乗り継ぎが悪くて空港で2時間くらい待った。

 

到着してタクシーに乗る!

目的のinnを間違えられる(><)

「ここじゃない」っていってるのに(;;)「ここだ!!」と言い張られ

1キロもスーツケースを持って歩いて汗だくw

最高です☆

一番栄えている通り↓

教会に行ったり、大道芸をやっていたり♪

ケベックで有名なホテル!「シャトー・フロンテナック」

お城みたい♪

天気もめちゃよかったけど眺めも最高♪

ケベック州の州議堂♪


いつのシーズンもクリスマスの飾りが売っているかわいいお店

ケベックは本当に坂道が多い!!

長崎みたいwアップダウンがすごい!!

↓はウサギの肉を食べに行く為に通った道

傾斜きついからケーブルまであったw

どこもみんな可愛い街並み

 

ここがウサギちゃんの肉が食べれるお店♪

めちゃ混んでいて、とりあえず名前聞かれたので

お願いして20分待ちくらいだったので近くをふらふら

 

気になるウサギちゃん肉は・・・次につづく〜w

プリンスエドワード島3

JUGEMテーマ:カナダ

2日目の続き

 

銀の森屋敷と輝く湖水

モンゴメリさんはこのいとこの家が大好きで長い休みの時はよく訪れていたそうです

彼女はここで結婚式をあげました。

 

モンゴメリさんの初版が入った本棚と自身で作ったクレイジーキルト

とても綺麗な場所でした。

 

ケンジントン駅舎

 

PEIには今鉄道は通っていません。以前使われていた物が残っています。

 

これでツアーは終わりinnへ

 

その後、街観光に再び繰り出して夕食を食べたりしました♪

cow♪ここ本当に美味しいから♪

発祥の地☆

 

海鮮がどれも美味しくて

やっぱり離島はいいなぁ〜と埼玉で生まれ育ったので羨ましく思いました。

 

次の日はケベックに飛行機と電車で移動です☆

 

 

 

 

プリンスエドワード島2

JUGEMテーマ:カナダ

 

二日目☆「赤毛のアン」の作者モンゴメリさんの生まれた地を観光の巻

 

事前に予約していたのでinnに日本の観光案内のバスが迎えにきて

キャベンディッシュに移動

この地域は赤土

 

赤毛のアンの世界へ

私は赤毛のアンを読んでいないので(><)

参加者は大ファンの方が多く日本からきていたので

すごい細かい部分まで再現されていると大喜びでした♪

 

 

 

どこもかわいい造り♪

おばけの森、恋人の小径

 

お土産もかわいい

モンゴメリさんのお墓に移動

左がモンゴメリさんのお母さん、右が祖父母

その後、祖父母の家兼郵便局。

実際に今も使えるので日本へも送れる。

自宅が郵便局だからこそ、何度も出版社に原稿を送れたそうです。

決してすぐに有名になったわけでなかったんですね。

 

郵便を船で運んでいる当時の模型、カナダのプリンスエドワード島は冬が長く夏が本当に短い厳しい土地

 

その後、ご飯♪またしてもロブスター♪

ロブスター付きなのは知っていて昨日も食べたかったので(*^^*)

絶品です♪

モンゴメリさんの生家、髪の毛で作ったリースとても細かい

モンゴメリさんに関する書簡、彼女直筆の手紙

子供部屋

生まれた部屋↓


ウエディングも展示されていました

 

フレンチリバー☆ここはプリンスエドワード島の有名が景色

なのに・・・天気がいまいちで(;;)

本当はめちゃ綺麗なのに・・・

 

つづく☆